上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






監督:三池崇史、脚本:宮藤官九郎という売れっ子がタッグを組み、生田斗真、堤真一を始めとした豪華キャストが勢揃い(小学館の漫画が原作ってことで、個人的にはゼブラーマンを思い出した)した作品。
生田斗真が凄い身体を張ってて、そこが見どころですかね。特にCMでよく使われてる車の先頭に括りつけられてからの洗車シーン。。吹き替えなしらしいです。スゲー。クドカン脚本なので、原作とは少しテイスト変わってますが、それもよsかと。ゲラゲラ笑える作品になってました。生田斗真主演の前回の作品、脳男とのギャップがすさまじいです。
評判よさげなので、続編もあるかもね。


舞台挨拶行きましたが、ちょうど大雪だったせいか、生田斗真が電車で来たって話が印象的でした。
原作者の高橋のぼるが客席にいました(笑)
(舞台挨拶には、生田斗真、堤真一、仲里依紗、上地雄輔、岡村隆史、吹越満、皆川猿時、大杉蓮、岩城滉一、三池崇史がいました(敬略))

スポンサーサイト







このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/18 13:27】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/20 06:39】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/22 17:02】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/26 18:38】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/31 00:41】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/10 05:43】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/13 03:46】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。