上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






行ってきました。ちゃんとお金払って映画館へ行くのは久しぶりです。 

友人があまりにもいいと言ってたのと、金券ショップでちょうど売ってた(ちゃんとお金払ったって書きましたケド)ってのが見に行ったきっかけですね。

映画の中身としては、クリントイーストウッド演じる老人ウォルトと少年タオとの交流を描く~てな感じで、泣ける映画だろうなとは思ってましたが案の定泣けましたたらーっ(汗)。

前作のチェンジリングの方が僕は好きですが全然ベクトルが違う作品なんで、こっちもオススメです。

因みにグラン・トリノってのはフォードの自動車工だった主人公が所有する実在のアメ車のことだとか。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画






















管理者にだけ表示を許可する


「グラン・トリノ」★★★★☆ クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、117分、アメリカ 「思ったままを口にし、 周囲の人たちを傷つけてしまい、 最愛の妻を亡くして、 息子達からも疎まれる老人を クリント・イーストウ soramove【2009/05/17 20:12】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。