上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






県庁の星
監督:西谷弘
脚本:佐藤信介
出演:織田裕二、柴咲コウ 他


 織田裕二、久々の新作。とあっては見に行かないわけにはいかないでしょ。とか思い行って来ました。県庁の星

 県庁のエリートが出向先のスーパーで民間に触れて成長していくというのが大ざっぱなストーリー。
 非エリートっぽい織田さん(青島とか)がエリートを演ずるって辺りで、踊るとは違うってのが結構歌われてますが、踊ると逆なのかというとそうでもなく、 民間、県のエリートそれぞれいいとこ悪いとこがあったりするんですよね。  単にエリートが悪いで終わっていないトコの好感が持てます。

 後半の織田さん演じる野村さんが一気に物事を解決していく辺りは、ありがちですが、見ていてとても爽快でした。(なんで県庁の人が・・・って声もあるかもしれませんが、それはまあエリートですから)


 中途半端という声もあるかもしれませんが(スマステで稲垣が言ってた) まあ僕はこの納まり方が一番良かったと思います。 
県知事の行動はまあ、そんなに世の中甘くないよってことで。

 見ていて真似したくなる(性格とか行動とかを)登場人物が登場するっていうのは、僕の映画の感想として重要な要素であるのですが、今回はそういった意味では満足でした。 

 出てくるスーパーが岡山県の高梁市、県庁が香川のものなのですが、
特にスーパーは何度も行ったことがあるので、見ていてとても親近感が湧きました。 追記 親に聞いたらどうもいつも通るけどいったことないトコだってさ。


地方のフィルムコミッションが活発なのはいいことですね~。
俺も生の織田さんを見に行きたかった。

PS:音楽がビフォーアフターの人で、聴いてて誰が作ったかスグわかるBGMだなと感じました。

では。

元気が出る    ★★★★
岡山、香川県人必見★★★★★

県庁の星
小学館
桂 望実(著)
発売日:2005-09
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:772
おすすめ度:3.38
おすすめ度2 全体的にイマイチ
おすすめ度4 主人公の作りが弱いところがマル。
おすすめ度4 娯楽として楽しむ本
おすすめ度2 題材は良いともうのですが
おすすめ度3 軽い読み物でした。
県庁の星 1 (1)
小学館
桂 望実(著)今谷 鉄柱(イラスト)
発売日:2006-02-17
発送時期:通常24時間以内に発送


↓よかったらクリックお願いします。
banner_03.gif 
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


●『県庁の星』2006年2月25日公開。織田裕二3年ぶりの映画は社会派コメディ。去年は番外編というよりスピンオフでとりあえずヒットした『踊る・・・』やらないのかな?今年は『北斗の拳』『日本沈没』と・・・大作続きの柴咲コウ。この2人がそろって東宝系な... 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ【2006/03/01 11:55】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。