上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






THE 有頂天ホテル
監督、脚本:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、佐藤浩一、香取慎悟 他

言うまでもないっていうぐらいヒットしまくってますが、
なんか急に暇が出来たので見に行ってきました。 別にどっちでもいいかな?とか思ってたのですが、正月に古畑を見てやっぱ三谷さんは凄いな!と。


映画の方は、当たり障りもなく、万人受けするといった感じの映画です。まっそれが三谷さんの持ち味なんだと思いますけどね。
登場する役者さんは、役所広司、戸田恵子、佐藤浩一、西田敏行、香取慎悟、唐沢寿明、松たか子、篠原涼子・・・とこれでもかこれでもかというぐらい有名な方がいっぱい出てきます。

 時効警察を毎週欠かさず見てる僕としては、オダギリジョー、麻生久美子の登場はかなり嬉しかったですね。


いろんな登場人物がホテルのあちこちで出来事を起こすのですが(ひとつの建物内で起こるという点ではラヂオ、笑いの大学などに近い?)、最後にはきちっとおさまって、笑って終わる。という気持ちのいい作品です。 

三谷作品は中盤のダレ(る部分)があんま好きではないのですが、(この作品にもあるにはありますが) この作品では登場人物の個性のおかげか、さほど気になりませんでした。   

映画の内容的には舞台が大晦日なので、時期をはずした感もありましたが、でも楽しめました。 大勢の観客と共に笑って楽しみたい舞台作品的な映画です。



PS:
「お帰りなさいませ」、「いってらっしゃいませ」がこれに出てくるホテルの挨拶なんだけど、それってメイド喫茶じゃねえか!
って思ってみたり。 まあ格式高いとこではホントにそう言うのかもね。



↓よかったらクリックお願いします。
banner_03.gif 
スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


●『THE 有頂天ホテル』2006年1月14日公開。『笑いの大学』(脚本)から約1年ちょい。三谷幸喜待望の新作。今度はどう笑わせてくれるのか楽しみ。『赤影』のポスター見て一目ぼれした麻生久美子も出てます。オダギリジョーも!脇役も豪華です。(鑑賞後.... 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ【2006/02/16 01:28】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。