fc2ブログ




タイトルは明るいんですけど、内容はそんなことなくて・・・。では感想をば。

絶対帰って来いよ
帰ってくるだろ、とか思ってたら結末を見るとそうでもない台詞。


総攻撃にしては
先週シュヴァリエ達が何か言っていたことから察するに、ジョエルの言うとおり、これはディーヴァの
単独行動なんだろうな。


お前はココに居ろ
リクの方が強いんだろうけど、そこはまあ兄貴だしねえ。


リクの元に聴こえる声
あなたが欲しいのあなたとはリクのことらしい。


ぼろぼろになるハジ
ハジって毎回ボロボロになってるな


強くならないといけないのかな?
そしてカイの頑張りとヘタレ脱却(けっこう前からしてるけどね)
カイが頑張るのは兄貴だからってのと後ろに守らなきゃならない人が
いるから、この辺イレーヌとの出会いから成長した部分なのかな?


石化したリク
うそうそうそ嘘だろオイ

そして決戦へ


予告
そして一年
カイが大人になってる~!

■まさかのリクの死
そしてカイと小夜との暫しの別れ
ここら辺結構衝撃の展開ですね。カールを倒して、ディーヴァを
逃して終わりと思ってたんですが、予想が甘かった

リクの死はもっと丁寧に描く方法もあるかもしれないけど、唐突ってのが、余計悲しすぎる、というかむなしい。(ジョージみたく別れをいう暇もなかったってわけで)


そういやディーヴァがリクに「あなたには大切なものをもらったから・・・」とか言ってたけど、それって何だったんですかね?↑リクの童貞を奪ったとかいう感想をあちことで見たけどそうなんかな?
それって子孫を残すため?(そういや服脱いでたな~。)
逆レイプかよ
そんなことに気付かんかったとは俺もまだまだおこちゃまだな。
デーヴァがおなかをさすってたし、子供が出来たってことだろうか?


少し長いブランクを経てストーリー開始っていうのは、SEED→Destiny、Death Note、ナルトとかでやられてることだけどどれにも共通するのは、少し物足りなさが出てくること。(ナルトは?だけど)  

まあラスボスは変わってないのでそうなることは無いとは思うけどね。

とりあえず今後に期待しておきましょう。


BLOOD+ (2)
角川書店
桂 明日香(著)アニプレックス(著)プロダクションI.G(著)
発売日:2006-04-26
BLOOD+ A (1)
角川書店
スエカネ クミコ(著)アニプレックス(著)プロダクションI.G(著)
発売日:2006-04-26
BLOOD+ ロシアン・ローズ(1)
角川書店
漲月 かりの作:Production I.G作:Aniplex(著)
発売日:2006-04-28
BLOOD+ 01 ファーストキス
角川書店
池端 亮(著)Production I.G(著)Aniplex(著)
発売日:2006-04-28
BLOOD+(4)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
藤咲淳一(出演・声の出演)押井守(出演・声の出演)

発売日:2006-03-29
BLOOD+(5)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
喜多村英梨(出演・声の出演)小西克幸(出演・声の出演)吉野裕行(出演・声の出演)矢島晶子(出演・声の出演)大塚芳忠(出演・声の出演)

発売日:2006-04-26
BLOOD+(6)

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
喜多村英梨(出演・声の出演)小西克幸(出演・声の出演)吉野裕行(出演・声の出演)矢島晶子(出演・声の出演)大塚芳忠(出演・声の出演)
発売日:2006-05-24
This Love (初回限定盤)(DVD付)
ERJ
アンジェラ・アキ(アーティスト)
発売日:2006-05-31
Colors of the Heart(初回生産限定盤)(DVD付)
ソニーミュージックエンタテインメント
UVERworld(アーティスト)
発売日:2006-05-17



↓よかったらクリックお願いします。
banner_03.gif 

スポンサーサイト










| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.