上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






監督:三池崇史、脚本:宮藤官九郎という売れっ子がタッグを組み、生田斗真、堤真一を始めとした豪華キャストが勢揃い(小学館の漫画が原作ってことで、個人的にはゼブラーマンを思い出した)した作品。
生田斗真が凄い身体を張ってて、そこが見どころですかね。特にCMでよく使われてる車の先頭に括りつけられてからの洗車シーン。。吹き替えなしらしいです。スゲー。クドカン脚本なので、原作とは少しテイスト変わってますが、それもよsかと。ゲラゲラ笑える作品になってました。生田斗真主演の前回の作品、脳男とのギャップがすさまじいです。
評判よさげなので、続編もあるかもね。


舞台挨拶行きましたが、ちょうど大雪だったせいか、生田斗真が電車で来たって話が印象的でした。
原作者の高橋のぼるが客席にいました(笑)
(舞台挨拶には、生田斗真、堤真一、仲里依紗、上地雄輔、岡村隆史、吹越満、皆川猿時、大杉蓮、岩城滉一、三池崇史がいました(敬略))

スポンサーサイト






井口監督といえば凄いB級臭漂う作品ばっかってイメージがあったのですが、前回のザボーガーといい、今作といい最近B級の中でもちょっとA級よりな作品を手がけられている感があります。
この作品は私としては、ザボーガーより見やすくて楽しめました。
(前半はどうなんだろって思うシーンもちょっとあったのですが)
続編も作られるといいですが、その辺りはどうなんでしょ??

この作品で特に印象に残っているのが、返信前と変身後で顔が違うんですが(変身後は
武田梨奈)、それを合理的に説明していてそこが上手いなと。その辺りが注目ですかね。

舞台挨拶で知ったのですが、劇中のヌンチャクはしょこたんの自前(しかもけっこう古いらしい)
とか。彼女は凄いパワフルなオタクですね。前々からイベントとかではたまに見かけていたのですが、
今回の舞台挨拶でより、そのパワフルさを感じました。同年代として、凄い頑張って欲しいところです。
特オタ的にはゴーカイイエロー、ルカ・ミルフィをやってた市道真央が出てたのにも注目です。

この作品とは関係ないのですが、祖谷物語って全然アクション映画じゃない作品に武田梨奈が主演されてるらしくて、
そっちの作品も気になっています。






最後のトリックということになってます。結構初期から好きで見ていたので、
感慨深いものが、、SPECといい、トリックといい堤監督は何か人生のまとめにでも
とりかかっているのでしょうか。。
1話を彷彿とさせるシーンもあり、前原一輝演じる石原達也が出てきたりとファンサービス的な
シーンもあるのですが、全体的にトリックっぽい感じは薄く、ちょっと物足りない感じも
少ししました。またいつか続きが見たいですね。。いい加減二人はくっついてもいいかと。
もし、続きがあれば子供も出てきてほしい(笑)。






CMプランナーの人が携わった作品『ジャッジ!』を見てきました。
まあライトな感じで楽しい映画で、笑える映画が見たいって方におすすめです。
CMプランナーの人が広告業界を描いただけあってか、トヨタ、エースコック、マルイと
会社の実名が割と出てきて妙にリアリティがありました。
電通の社員が、あそこまでダメダメなことないだろと思いつつも、楽しませていただきました。
もう少し2転3転欲しかった気もしないでもないですが、こんなもんなのかな。

余談ですが、実は舞台挨拶を見てきました。生で見た、妻夫木聡、北川景子、豊川悦司、鈴木京香はオーラ凄かった。
特に北川景子可愛かった~。脚本の方が映画に出てくる竹輪の会社について、竹輪 提供元の鈴廣(はんぺんで有名な)さんに、あそこまで変な会社じゃないとちょっとしたクレームを受けたって話があって、中身を変えたといわれたのですが、
変える前と後がどう違うのかが気になりますね。。






P4の劇場版、というかテレビで放映されなかった、Blu-ray、DVDに収録される予定だったtrue endの再編集版ですが、見てきました。
true endを知らなかったので、こう来るか!って感じでしたが、なかなかよくまとめられていたかと。

舞台挨拶つきで、浪川さん、真殿さんがゲストで来られましたが、ネタばれあり(本編)の真犯人トークで、ゲストがはっちゃけてたのが面白過ぎ。。出てきたクマも(中の人なしでしたが)かわえかった。

vitaは持ってないのでゴールデンは見送るつもりですが、アルティメットは買おうか、考え中です。



テーマ:P4 - ジャンル:アニメ・コミック







前述のとおり、1・2・3の日。公開初日舞台挨拶に行って来ました。
大ヒットなのは言わずもがなです。先週の興行成績は2位でしたが、稼働率からいうと1位なのでは?
ちょっと遅れてしまいましたが、感想をば。


◇舞台挨拶感想。(翌々日のめざましでも流れててビックリ)
B-33というスクリーンに向かって右端の席ながら、A列は空いてたので実質一番前の席!
1000席の応募に対して10万通の応募があったらしいので。ほんとに運を使い果たしちゃったのかもな。

監督かわいい。あいなまさん大きい!といった第一印象。
やはりキャストの皆さんは
これで世に出た方が多いせいか、思い入れもひとしおと言った感じでしたね。
梓役の竹達彩奈さんは歯をマイクにぶつけるというハプニングも。。
(・ω<)☆テヘペロは後の回で披露したらしく、見えませんでした。残念。

◆映画感想
けいおんファンなら見て損すること無しの作品になってましたね。
ただ、多少長いかな。CMを見た感じでは、海外がメインかな?と思っていたのですが、
海外に行くまでの流れ→海外(ロンドン)→帰国後が3:4:1ぐらいの割合という
印象を受けました。実際、時計を見ながらではないので、
あくまで参考ですけど。

ちょうどTBSの再放送とTBSオンラインで無料配信の『計画』を見てから望んだので、
いい感じで世界感に入っていけました。やっぱニヤニヤさせてくれますね。この映画は
またフィルム狙い??で再訪します。ニ、三度見ると違う見方もできるかもな。。

keion_panhu
パンフ。必須アイテムです。

keion_panhu2
劇場スタンプもバッチリ!
462641511.jpg
twitterにも載っけた、ピカデリーにあったツリー。

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック







鉄、ナメんなよ。
※このキャッチコピーは正直どうなん?



アイアンマン2見てきました。川崎のアイマックスシアターで見てきたんですが、
やっぱ派手な映像はでかい画面&音で見るに限りますね。

映画は、ヒーロー物でよくある2話目といった感じで、1話で
世の中に出てきたアイアンマンに対して、反感を持つ人が
動き出し、それに対して、どう動くか。
といった構図。 
もうちょっとミッキーローク演ずる悪役を掘り下げて、アクションシーンとか
派手にやってくれても良かったんじゃないかと思ったりもするんですけど、
安心して見ていられる大作でしたね。
(あんまやりすぎるとダークナイトになっちゃいますし)

キャストがロバート・ダウニーJr、グウィネス・パウトロウに加えて、適役にミッキー・ローク、
新秘書?にスカーレット・ヨハンソンとヒーロー物にしては凄く豪華! 
特にスカーレット・ヨハンソンが好きな女優なんで嬉しいですね。後半、彼女が主人公ぽかったし。

でも、前作、今作共通して言えるのは、メカを作っているシーンが一番わくわくしましたね。
メカ好きな方はぜひ。

※画像はBE@RBRICK。クローズボックスだったので、当たったときは結構嬉しかったです。(しかも観た日に買ったので)







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 駄文とか駄文とか駄文とか, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。